水野しず

ライブペイント

日時:11月2日(土)

集合14:00 開演15:00

場所:中庭ステージ 物販:終演後W-303教室にて

■注意事項

・本イベントにおいて許可のない録音、撮影はご遠慮ください

・トラブルやアーティストの都合により予告なくイベントが中止となる場合があります。

水野しずライブペイント!独特な世界観をお届けします!

水野しず

2007年に美大進学のため上京。大学時代は自主制作アニメーションと演劇に没頭。卒業制作として「最悪の事態」を制作後中退。その後ネット上で話題になり「ミスiD2015」グランプリに選出。

選出後も事務所には所属せずフリーで活動。主にイラスト、漫画、ライター、モデル等の仕事をしている。シブカル祭、個展、企画展、PARCO壁面にペイント等をはじめとした多くのイベントを開催。

さらにその他自身のデザインしたTシャツやスマホケース、LINEスタンプ等の販売も行なっている。

水野しず

日時:11月4日(月)

集合14:10 開演15:10

場所:中庭ステージ 物販:終演後北棟裏にて

日常の心の機徴を表現する2人のコラボステージは必見!

松本明人

スリーピーバンド真空ホロウのボーカル&ギター。2019年「RO69JACK2009」を優勝し、以降7年連続でROCK IN JAPAN FESTIVEL COUNTDOWN JAPANに出演。

2012年、エピックレコードよりメジャーデビュー。テレビ東京アニメ「NARUTO・疾風伝」エンディングテーマとして1st single 「虹」をリリース。

女性ならではの複雑な心境や切なさと同時に、女性の持つ力強さを描いた歌詞を、待つもろ明人(ボーカル/ギター)が見事に歌い上げ、心の機徴を情感豊かに表現する疑いは必聴。

そんなリアルな女性目線に切り込んだ世界観が、多くのリスナーの共感を呼んでいる

ごめん

インスタグラムのフォロワー数13万人超えを誇る人気急上昇中の漫画家、イラストレーター。

心の機徴に触れる言葉や場面を切り取りながら、様々な男女の日常を描く。 2019年8月に初の書籍「たとえばいつかそれが愛じゃなくなったとして」を出版

MOOSIC LAB 2018 長編部門、2019年9月公開の映画「左様なら」(監督・石橋夕帆)原作者